statement


“Life is a crystal”            

自然は、ダイナミックに振動し回転する総体であり、そこに静止はない。
そして、私たち生命も、ささやかなサイクルをもつ小自然である。

どんな状況下でも生命は、有形無形の痕跡を残している。
たとえば、一匹の動物がいる。
呼吸により空気が振動し、生きることで意識が動き、
存在することで、対象との関係が生まれていく。
それらの軌跡を、有線的姿でとらえたとしたら、
これまで無縁に見えていたいくつかの現像が、
ふいに最も近しい関係を取り結ぶかもしれない。
私たちの思考もまた同じ。

ネット社会での意識の流れを、乱舞する蛍が残した光線の跡を眺め、想像する。
個を中心とした出会いの形を、核を中心に広がり続ける結晶構造としてとらえる。
ビルが立ち並ぶ都市の様相を、相対の連鎖が生み出す珊瑚の群像と重ねて見る。
社会におけるさまざまな様相は、自然の中にある。
それらひとつひとつを確認する作業は、大いなる流れが温かな方向に向かうための“何か”を、
生み出す手掛かりになると信じている。


                             2010.7 植松琢麿
 

criticism

平芳 幸浩 (京都工芸繊維大学 美術工芸資料館)

拝戸 雅彦 (愛知県美術館主任学芸員)

加藤 義夫 (インディペンデント・キュレーター)

creatures create creatures create creatures create creatures create creatures create creatures create creatures create creatures create creatures create creatures create creatures create creatures create creatures create creatures create creatures create creatures create creatures create creatures

back

©Takuma Uematsu, all right reserved